レンズ修理技術サポート生徒さんへの手紙

昨日は、初登校受講お疲れ様でした。登校及びリモート受講の度に、学習した講義内容をご自身のWebサイトに、コンテンツとして収録・公開していく所作を繰り返していく内に、ご自身の知識・技術・経験が蓄積されていきます。学ぶという行為は、インプットしただけではダメで、学習した後に、直ぐにアウトプットする事が大切です。

本当は、学んだ事柄を誰かに教える手順が一番いいのですが、Webサイトに記事として、自分の言葉で記録する行為も、人に教える時と同じ様な記憶脳の使い方になります。同時に、ある時期にご自身で管理しているサイトが力を持ち、関連分野で悩んでいる読者さんの悩みを解決する有意義な情報発信サイトに成長していきます。生徒さんのサイトが立ち上がるまでは、生徒さんの受講内容を、私が代理して、協会の生徒さん専用通信サイトページで記録させて頂きます。

田斎様
明けましておめでとうございます。遅いご挨拶で申し訳ありません。昨夜、少し動画を拝見致しました。非常に丁寧でわかりやすいです。Thinkuficができそうな気がしました!ただ、アカウント登録の部分で恐らくOSのバージョン違いなのかと思いますが映像通り行かなくなってしまいました。結果、エラーが出てダウンロードできませんでした。まだ本業が忙しくなかなか映像を見る時間がありませんが時間を作ってみていく様に致します。よろしくお願い致します。

以下の記述、年明けに、他の生徒さん宛の通信サイトとほぼ同様の内容になりますが・・・

新しい事を学べば人は変化します

そして、その変化が新しい時代を作っていきます。新しい時代に対応する術(すべ)も分かってきます。そして、変化しながら、次に何をしたらいいのか?の気づきを得る事ができます。この現象は今も昔も変わりません。一部の知識階級の人の話ではなくて、それは全ての人に当てはまります。ピーター・ファーディナンド・ドラッカーは、30年以上前に

これからは、学習する組織になる必要がある。人が最も学ぶのは、教えることを強制された時だ。つまり、学習する組織を作りたければ、教える組織になる必要がある

という趣旨を著書に残しています。私も生徒さん達に、習ったらすぐに人に教えよう!みたいな話をしますが、人は、教えようという気持ちになった時に、初めて自分の知識の曖昧さにも気づきます。教えることを意識するだけで、仕事の仕方も変わります。慣れで、なんとなくやっていては、人に伝えることができません。仕事の順番、その理由、手順、手順の明確化を通じて、効率化やミスを減らす方法を思いつくようになります。

結果として、教える必要性を意識するだけで、業務改善が起こります。更に、実際に教えるとなると言語化が必要です。言語化することによって、更に仕事の分析を深く行うようになります。実際にWebサイトを作っていて気が付いたと思うのですが、簡単な投函ページを一枚作る事も結構大変だと思います。

それは、作業自体が大変なのではなくて、文章を書く為に事前に考えておく必要があるからです。この考えるという行為が、実は人間にとって一番苦手な行為なんです。

鉄鋼王のアンドリョウー・カーネギーが生前中、自分の机でぼーっとしていました。それを見た秘書が彼に質問しました。・・・「お暇なんですか?」 

カーネギーは答えました。

考え事をしているんだよ!人にとって考える事が一番大切なんだ。でも殆どの人はそれを面倒だと感じている。

考え

なので、情報発信者は常にこういう時間を持つ事になるので、時には手が止まってしまう瞬間もあります。そして、いつの間にかあまり考える必要のない、日常の生活を送ってしまいがちになります。学ぶとは新しい事を考えて、新しい行動を起こす事なので、それは一種の挑戦になりますが、いつもの生活とはルーチンの事を意味します。誰もが、このルーチン生活の方が楽なのです。

  • 学ぶ=挑戦
  • 昨日と同じに生きる=ルーチン

でも、学ぶ事に関心がなくなった瞬間にその人の成長は止まってしまいます。学ぶにはお金がかかるケースもあります。また、今までの生活習慣もあえて変えていかなければなりません。投資のリスクと、新しい行動をするという覚悟のリスクが発生します。今の自分を変えたいという欲求と今のままの自分の方が楽だという気持ちが同時に心に湧いてくる事になります。

こうして、目の前にある二つの分かれ道のどちらを選ぶのか?というシーンに度々遭遇する事になりますが、変化が激しい時代こそ、あえてしんどい道を選ぶべきだと僕は感じています。印税にあたる収入を築くには、このしんどい時期を乗り越えていく覚悟が必要です。でも一度人様の悩みを解決できるコンテンツを作ってしまえば、収入を得る為だけの労働から開放されて、後は別の事をする自由な時間が待っています。

静かな孤独な時間に耐えられるかがネック

情報発信者が行動を途中で止めてしまうもう一つの理由が、反応です。始めたばかりの初期段階では、一生懸命情報を発信しているのに、何にも反応がない期間が続きます。それは仕方のない事です。この時期が一番孤独を感じる時期です。何だかのお問い合わせも全くこないし、自分が日々行っている行動が虚しく感じる瞬間です。

孤独

この気持ちを、静かな孤独な時間・・・と僕は呼んでいますが、何だかの結果を得られない時に、人はすぐに虚しさを感じてしまいます。結果がすぐに欲しいから、人は何だかの組織で働いて、働いた結果の証として、翌月に給与を手にします。殆どの人が、情報を得る立場で、発信できる人が少ないのは、こういう心のカラクリになっているんだなーとつくづく思う時があります。

生徒さんも情報発信者になる事を考えてみて下さい

生徒さんは、とても独自性のある分野で働いておられます。そして、光学機器の修理に関する学習を始められました。これだけでも、十分に成功している状態といえます。ここから更に成長して、レンズの修理に関するWebサイトを構築して、そのサイト内にショッピング機能を追加して、他のプラットフォームに頼らない独自サイト内での販売に挑戦して欲しいと思っております。現在、こんな売り方をしている人は皆無です。ヤフオク等の出品スタイルは併用していけばいいと思います。

ここから更に飛躍して、もっと自分を磨く時間を手にしたいのであれば、繰り返し型労働は継続しながらも、自動でお金を産んでくれる資産構築型労働の下ごしらえを今の時期から真剣にやっていくべきです。その為の術(すべ)は全て僕が教えていきます。

このステージに立てる生徒さんは本の一部の人だけです。繰り返し型労働から資産構築型労働へ時間配分を徐々にシフトしていくべき時期だと感じています。もし、この分野での学びに本気で取り組む覚悟があるのであれば、僕も本気で教えます。

学び

撮影のスキルはとても希少な財産です

コロナ禍の影響もあり、今はリモート通信がどんどん認知・進化していく時代になりました。それと並行して、撮影に関する知識・技術を学びたいというニーズも高まってきています。この分野の知識・技術・経験は極めて稀な貴重なコンテンツゾーンに属します。そして、撮影に関する情報を、日々多くの方々が探しています。

言い方を変えると、動画を組み込んだ情報発信を試みている沢山の人が、共通して悩んでいるコンテンツ分野になります。生徒さんはきっと血の滲む様な努力をして、この分野のスキルを習得したはずです。そして、今の生活を手にする事ができました。これからは、この分野で悩んでいる方々が欲しがっている情報を、有料で販売していくもう一つのビジネスの柱を構築していく事を推奨します。

手編みの手袋を販売するのではなくてその作り方をオンラインで教える

ノルウェイに住んでいる知り合いのお婆ちゃんは、可愛いお孫さんの為に、手編みの手袋を作るのが趣味なのですが、お孫さんに喜ばれながら、同時にその手袋の作り方をオンラインで有料販売しています。その方法が、電子書籍ではなくて、ThinkiFickなんです。欧米では情報発信者の方は皆んな使っています。電子書籍は、ブランド作りには最も適していますが、印税収入額に関しては、ThinkiFickの方が適しています。

手袋

この教育者専用有料動画コンテンツ販売用オールインワンプラットフォームは、実は日本ではあまり認知されていません。二、三年後には少しづつ広まっていくと僕は感じています。そのプラットフォームは、WordPressで作るのではないので、新たな学習が必要になります。これを今年一年かけて習得していくのが僕の今年の夢になります。

なので、昨年の暮れからThinkiFickで教育用コンテンツを毎日作っております。今年一年間で9本くらいのLessonを販売します。現在は集客できるHomePageの作り方というLessonに専念していますが、教育者専用有料動画コンテンツ販売用オールインワンプラットフォームのイメージを持って頂きたくて、前回のメールでお返事させて頂きました。

未だ未完成段階ですので、生徒さんは今ならユーザー登録のみで、無料で学習できます。有料化する前には事前に連絡いたしますが、これから生徒さんが作り上げていく、Webサイトのデザインや、集客のヒントにしてください。そして、学習後の感想を是非教えて頂ければ嬉しいです。

学ぶ側の視点から、きっとわかりやすさを体験できると思います。ThinkiFick構築自体の道のりは結構奥が深く、相応の時間も必要になるで、僕のイメージとしては、生徒さんが、撮影に関する教育者用有料動画を収録しながら、修理後のレンズをヤフオクで出品する様に、生徒さんの教育用動画を僕が築いていくThinkiFick販売プラットフォームに出品して販売するのが一番の近道の様な気がしています。

なので、生徒さんの作業担当は、仕入れに関する教育用動画を撮影・収録する事です。この分野は生徒さんの専門分野ですから、すぐにでも着手できると思います。本格的な機材を使わない撮影に関する教育動画コンテンツは、僕の認識だと50,000円以上の価値があると思います。更に生徒さんによる個別コンサルを組み合わせたアップシェルも充分考えられると思います。

その作業と並行して、レンズ修理に関するWebサイトも構築していくスケジュールになるので、お忙しい本業をこなしながら、如何にして時間を捻出するかが課題になりそうです。それでは、次回受講ご希望日決まりましたら、メールにて教えて下さい。今年も一年間、お付き合い・ご指導よろしくお願い申し上ます。

田斎様
こんばんは。お返事ができておらずすみませんでした。かなり多忙な日々を過ごしておりました。動画を見てみようと思ったのですがloomの使い方がわからず、できませんでした。今度、教えてください。次回、お邪魔するのは年明けにしようと思います。新年会の話があれば、いきたいと思います。ぜひ、よろしくお願いいたします。

こんばんは。
年が明け、ご都合が宜しい時にお手数おかけ致しますが、こちらまでお越し下さい。飲み会の予定決まりましたら別途ご連絡致します。それでは、良いお年をお迎え下さい。今年一年大変お世話になりました。ありがとうございます。

インターネット回線スピード

おかげ様で、インターネット回線スピードがかなり改善できました。そして、こんな解説動画も収録できる様になりました。ありがとうございます。Thinkificへのアップロード時間も、Vimeoへのアップロード時間も10分くらいの長さの動画でしたら、2分くらいで収録できる快適な環境になりました。

Thinkific 完全マスターコース

このコース作りに弾みがつきました。他のコースも少しづつ作っていきますが、Thinkificへのアップロード時間が改善されたので、とても作業=動画コンテンツ作りが更に楽しくなりました。

田斎様
おはようございます。昨日もありがとうございまいた。
ネット環境が良くなると良いですね。あの白いソフトバンクAirの箱ですがWi-Fiルーターと呼びます。これを変えることになるんだろうと思います。
あの後、飲みに行かれたんですよね。KさんからLINEでお聞きしました。
今度はぜひ私も飲みに行きたいです。よろしくお願いいたします!

おはようございます。昨日は登校受講お疲れ様でした。ご持参頂きましたレンズも綺麗になって良かったです。又、ネット環境に関しましても色々アドバイス頂きましてありがとうございました。とても勉強になりました。今日、回線に関してハッキリさせたいと思っています。決まりましたらご報告させて頂きます。次回、受講ご希望日時お決まりになりましたら教えて下さい。昨日はあれからKさんと美味しい焼き鳥を食べました。今度は一緒に飲みましょうね!

田斎様
こんにちは。岩﨑です。次回、登校ですが、12日(日)の10:30〜はいかがでしょうか?よろしくお願いいたします。

2021年12月12日(日)10:30から12:30の時間帯にて登校受講枠押さえました。貴重な休日お時間とって頂きまして、ありがとうございます。お時間少し前に八柱駅までお迎えにあがります。当日は宜しくお願い致します。

来年度の夢実現の為の環境準備は整ったと感じております。あとは、今蓄積されていない知識をもっともっと学んで、こつこつコンテンツを積み上げていくだけです。mac系・撮影系の分野のご指導宜しくお願い申し上げます。

田斎様
おはようございます。動画はできましたらmp4という形式で保存されると良いと思います。この形式ですと、様々な編集アプリが対応していますしMac、Windows両方で視聴できます。また、登校日につきましては妻とも相談して決めておりますので今晩か明日、ご連絡致します。どうぞ、よろしくお願いいたします。

承知致しました。ご連絡お待ちしております。

田斎様
こんにちは!shureのマイクを購入されたんですね。このメーカーは放送でもよく使われています。音がかなりよくなった印象です。後ろの水の音も弱くなりました。良いマイクと出会えてよかったですね!ところで次の登校ですが今週土曜日の10:30〜はいかがでしょうか?持参するレンズは、まだ手元に届いていないのですがCarl Zeiss Jena Biotar 58mm f2のエキザクタマウントを考えております。画像を添付いたします。よろしくお願いいたします。

動画のプロの方に太鼓判を押されると安心いたします。ありがとうございます。素人ながらに、やはりマイクを使った方が音質はいいような気がします。撮影した動画をどんな形で保存するのか?Windowsとは勝手が違うので、今はこの課題でつまずいております。

次回登校受講日程に関しまして

2021年12月11日(土)10:30から12:30ご希望の件ですが、当日10:00から12:00にて、他の生徒さんの登校受講お申し込みが既に入っております。生徒さんが重なっても遜色はないのですが、駅までお迎えにあがるのが少し難しくなります。この辺の事情ご勘案頂きまして、再度お返事頂けますと幸いでございます。よろしくお願い申し上げます。

田斎様
こんにちは。iMac いいですね。私も欲しい!
昨日、ジャンクカメラを探しに都内をウロウロしましたがうまい買い物ができませんでした。その分、ヤフオクで幾つか購入しましたので、週末に伺いたいと思っています。
日時はまたご相談させていただきます。
よろしくお願いいたします。

Shureというマイク届きました

Appleサポートセンターの方のアドバイスもあって、端末がCタイプ仕様とライトニング仕様の二つの接続コードがついているこのモデルを購入してみました。これから頻繁に使っていくデバイスになるので、予算は気にしませんでした。どんな風に音を収録してくれるのか?とても楽しみです。

Shure MV88+
Shure MV88+

テストという意味で、いまだに操作が慣れないimacを駆使して音声入り動画試写してみました。

収録したビデオ音声にどれくらい差が出るものなのか?実験してみました。私が感じる限りでは、なかなか聞きやすいレベルなのではないかと感じています。

iMacは素晴らしい!という実感がまだ持てません

解説動画編集もWindowsみたいにサクサクいきません。学習中でございます。今まで使っていたピンマイクも、imacのCタイプには規格が合わなくて、ライトニングタイプのデバイスが使えないので、新規でマイクも買いました。やはりマイクを使わないと、ブーンという機械音が入ってしまう様な気がしています。ごちゃごちゃと実験しながら、快適な環境にしていきます。

入手された個体、次回登校時にご持参ください。一緒に構造分析と、抱えている支障を検査しましょう。登校受講に關しまして、ご希望日時ハッキリ致しましたら、メールにて教えて下さい。宜しくお願い申し上げます。

田斎様
ぜひ、thinkificを体験させてください。まずはレンズ修理技術をある程度身につけていきたいと考えております。よろしくお願いいたします。

レンズを修理する度に、その工程の風景をコンテンツ化していきます。Word Pressの場合はその記事は投函ページで行ないます。そういう地味な所作が、いずれ実を結びます。例えばこんな風に投函ページで記事にします。

なので、先ずはWord Pressによる、ご自身のWebサイトを立ち上げて、記事を増やしていって下さい。そのサイトから何だかのお問い合わせがくる様になったら、ThinkiFickに着手していきましょう。その手順は僭越ではございますが、僕が指導致します。

ThinkiFickの場合は、動画主体の教育用デジタルコンテンツを販売する、教育者専用のオールインワンプラットフォームです。今まで、(特に)日本にはこの様な思想のCMS=コンテンツ管理システムはありませんでした。この分野の私の尊敬する師匠=亀田先生はご自身の会社で運営されているWebサイト以外でこのThinkiFickで立ち上げたサイトで沢山の教育プログラムを販売されております。

このプログラムのパートナーライセンスはひとつの教材につき=500,000円です。このやり方の方が早いのですが、僕は自分でコンテンツを作るのが好きなので、敢えて面倒くさい手段を選択しました。来年度は、毎月=一つの教育用デジタルコンテンツを作成・販売していきます。目標は合計で30本のプログラム販売です。

コンテンツ内容にもよりますが、一つの教材の販売価格は、30,000円くらいを想定しています。毎週3本くらいのコンテンツが売れる事を想定しています。レンズ修理の様な狭義のコンテンツ内容ではなくて、マーケテイングといった広い視野の内容の教材を販売しますので、僕自身関連書籍を読んだり、セミナーに通ったり、自己投資しながら、コツコツ立ち上げていきます。書籍の販売とニュアンスは似ていますが、書籍出版の方が手間はかかりそうです。

どちらにしても、キャッシュフローは印税収入の部類に入りますので、最初に苦労して、そのあとは特に何もしなくても、売れるたびに入金されるビジネスモデルになります。コンテンツ購入者さんから、個別コンサルの要請があった場合は、半年間くらいの期限付きでコンサルを受けてもいいかなと考えております。これからのビジネスの主流形態になっていくものと推測しています。

Jhagee Aneat Exaktar 5.4cm F3.5

昨日は、レンズに関するお話しや、レンズ修理分野の事柄に渡って講義させて頂きましたが、Iさんの場合は、元々撮影の趣味・経験も豊富で、本業も撮影分野ですので、講義の進行が速かった様に感じています。最初の登校受講時に、Jhagee Aneat Exaktar 5.4cm F3.5という個体をご持参頂く様なケースは稀です。レンズ銘柄のキーワードで検索してみても、豊富な情報サイトは見つかりません。

PcbicCMVeNA1SIL1637408113_1637408168
Jhagee Aneat Exaktar 5.4cm F3.5

私自身も同機種を整備した記憶があまりありませんので、生徒さんご自身が普段からこの様な機種に興味を持たれ、実際に撮影してきたのだと思います。一緒にこのレンズを整備した講義内容を、光学系付着物写真をUPしながら振り返ってみましょう。

光学系付着物=除去処置前写真

このレンズは、本体もコンパクトですが、レンズ鏡胴内部に組み込まれている硝子部位も小さいので、硝子部位に付着していたカビの写真を、カラム分割形式ではなくて、単独で大きく表示してみました。

Jhagee Aneat Exaktar 5.4cm F3.5 雲状カビの層上の二階層点カビ
Jhagee Aneat Exaktar 5.4cm F3.5 点カビと雲状カビ(リヤ側)
Jhagee Aneat Exaktar 5.4cm F3.5 同じく雲状カビの層上の二階層点カビ

今回の付着物除去処置を、ご自身で実際に施してみて、実感が湧いたと思うのですが、該当レンズの構造を把握していれば、作業自体はそれ程難しいものではありません。必要な治具・溶剤も至ってシンプルなものばかりです。レンズ鏡胴内部から取り出した部位の扱い方や、硝子部位の洗浄手順には守って欲しいルールはありますが、何度も経験していく内にその理由も理解できる様になると思います。この分野の情報発信者になる為にも、ご自身で管理していくWebサイトの立ち上げは、なるべく早い方がいいと思います。次回受講ご希望日時決まりましたら、メールにてご予約下さい。

kensuke tasai と申します。 光学機器の修理を主たる業務としております。 関連コンテンツも並行して配信させて頂いておりますので、リクエストございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。